忍者ブログ

夢日記記録系

見た夢を記録するためのブログ  ※このブログの記事はすべてフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません

20180803_01_夜間_本の片付け

■内容
高校の文化祭みたいな雰囲気の教室で、半分ほど雑多なもので溢れかえっている。
その中で、高校のブルーの横に長いボストンバッグに
必要のなくなったハードカバーの本を詰めている夢。
途中から母が出てきて、アドバイスとかしていく。

「従兄のS君もあんたも、もう使わないやろ。
もし再度いくことになっても、別の手段使うやろ」とのことで
ハードカバー以外の実用書も詰めていたところで、
螺旋階段の下に移動。母がどこに行ったか少し探し始めたところで起床。

■起きてからの考察
本がいっぱいでてきて、片づける、というのは
ちょうどelonaのゲームをやりまくってて
魔導書だけ一か所に集めてたからかな。

故郷の家族が出てきたのは、今日(8/4)姪っ子が空手の大会でることを
気にしてたからだと思う。母のアドバイスも、本気にならず
将来はいろいろ可能性あるから、
一旦決めた道でもいろいろ買えてええぞという意味と
捉えている。姪っ子の空手は義兄の推しっぽいことと、
それを汲んであげている姪、という感じになってないかな?と若干気にしていた。
それが出てたかなと。
書き上げに10分。
PR

コメント

忍者カウンター

アクセスランキング

おすすめ

他サイト