忍者ブログ

夢日記記録系

見た夢を記録するためのブログ  ※このブログの記事はすべてフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません

20171127_01_夜間_留学生とナメクジ

■内容
お気に入りのweb漫画の作者のtweetで、以前から有名な温泉街の近くに
作者が住んでいることを知っていた。
旅行で自分がその温泉を訪れている。
派手な水を使ったオブジェの近くをメインの道からそれるように入る。
ということを記憶していたので、それてみる。

それてみるとその小路は、開放している民宿?に入る一本道なだけで、
他には行きつかない。お、やばいなと思いつつも引き返すのは恥ずかしいので、
曲がれないかと思っていたら、民宿の泊まる部屋がいくつも並んだゾーンに来てしまう。

さすがにまずいと思い、引き返す。
すると民宿?の出口付近で従業員が出ていく人をじろじろ覗きながら
睨んでいる。どうやら開放されているので、
勝手に入ってきて、金を払わずに寝て何食わぬ顔で出ていく外国人観光客がいるらしい。
自分も泊まってはいないが、ふらっと入ってしまって出ようとしているので怪しまれている
と感じていた。
自分も少し覗かれたが、難なく出口を通過。
その後メインの道から帰りの方向へ。

(場面変わって)
従兄の家。なぜかさっきの温泉街への旅行を懐かしむ。
なぜか大学時代の留学生Eが訪問しており、
就職してからのベトナム人Tから手紙が来ている。従兄の家に。

従兄とEと話をしつつ、Tくんからの手紙を開封。外側は立派な国際便なのに
なかみは旅先で書いたメモのようで、ポストイットを大量に張り付けているのが多い。
もう日本を離れて数年なので、日本語と英語が混じった手紙だった。きれいな写真もついている。なんだかんだ奥さんと仲良く暮らしているんだなという会話をした。

留学生EとPと話しているとPのすねに茶色い蛹?のようなものがついているのを発見する。
Pは慌てず、つぶそうとしているので、毒があるかもしれないからという大義名分
(内心はつぶれて中の液体が飛び散るのが嫌。あと無駄な殺生も嫌)で待ってもらう。

「ティッシュでくるんで~」と自分がやろうと何枚かティッシュを手に振り返ると
すでにPが茶色の蛹をつかんでいた。つぶす感じではないので、外に開放しようね。と
窓を開けて穏便に誘導。
Pが外に放す。下手投げで数メートル先へ。
すると茶色の蛹が数メートル先に放られたのだが、蛹から変態。ウミウシのようなナメクジのような外見に。また色もカラフルで触覚?や体の縁のあたりは、数秒ごとに色がカラフルに変化して発行しているように見える。
等身大というか1.5mぐらいに巨大になって、綺麗な色に変化するナメクジで
若干恐怖。ただ本当にきれい。

触覚?は体のいたるところに生えててギザギザ。ゴジラっぽいと感じた。
従兄が他の全員より怖がって、距離を取るようになる。
安全のために窓を閉めようとしたところで、起床。


■起きてからの考察
寝る前に見た、深海魚のゴブリンシャークで話題のtwetterを見たことからの影響だと思う。
ナメクジと書いたが、外見は立体的なウミウシ。
(夢の中では殻のないカタツムリ。つまりナメクジと言っていた。)

旅館で従業員に睨まれる?覗かれる?は、悪いことしていないのに
理不尽な扱いを受ける・受けそうということで、現実の仕事が影響しているかと。
あと実際に迷って入り込んでしまっただけなので、疑われてもそう言えばいいだけと、起きてから気づく。夢の中ではなんとか気づかれないようにと内心バクバクだったがね。。。

正直久しぶりに会った留学生やベトナム人のT君と夢でもやり取りで来て
楽しかった。というか嬉しかった、夢かなー。ウミウシは色きれいで大きさと形がキモかったが。
書き上げに32分。久しぶりにしっかり覚えていたし長いのでOK。
PR

コメント

忍者カウンター

アクセスランキング

おすすめ

他サイト