忍者ブログ

夢日記記録系

見た夢を記録するためのブログ  ※このブログの記事はすべてフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません

20171110_01_夜間_相撲観戦と食事と買い物と野球

■内容
だれか忘れたが、仲のいい人と自分、カップルの4人で相撲観戦へ。
並んで会場に入る。
座席はばらばらに座れるようなので、自由に。

観戦後、ビュッフェ形式のレストランに。
会社の後輩のSと偶然会う。なんか他にも居るので尋ねると
他の2人も会社の同僚とのこと。
やべぇ名前どころか顔もすれ違った記憶がない!と思うも見たことあるけれど、
名前が思い出せないつってやり過ごそうとする。

流れでいっしょに食事をすることに。
不格好な巨大たこ焼きを合わせたケーキ大ぐらいのたこ焼きが
3人の中で人気の様子。

糖質制限しているので、
好きなだけ食べればいいよと勧めつつ、自分は食べず。
(この食事時に他に重要な話をしていた気がするが思い出せず)

帰りによるところあるからとコンビニによる。他の3人もついてくる。
外は雨が降っていて暗い。

コンビニは通路がせまく、人がすれ違えないほど。
適当なものを買って並ぶ。自分の会計はすぐに済み、せっかくなので後輩を待つことに。

他の二人は購入物をもって、普通に並んで購入したが
後輩の一人は並んでいるようだが、目を離したすきに列から離れていた。
購入したそうなものをもっていたように見えたが、実際は購入していなかったみたい。
万引きではなく、実際に棚に戻していた。
おそらく、周りに合わせてコンビニに来ただけなんで、空気を読んで並んだりしたのだろう。

コンビニから帰る。
(舞台は、故郷の場所のよう。開けた原っぱと会談のある丘)

また別の会社の後輩Hと会う。仲が良かったので話しながら帰る。
雨は上がっていて、むしろ水たまりが反射したようで「空が」地上を移す鏡面状態。
(理屈は不明だがそう思った。「空が」地上を移す鏡面状態)

会社の後輩Hは野球帰りの様子。
会社の先輩Mもいると聞かされる。

後ろから声をかけられて振り向く。
くそほどムカつくMに「悪かったな」とか適当なこと言われて
俺のグローブとボールを投げて渡される。
めちゃくちゃ強烈な皮肉を言いたいが、思いつかなかったので
「俺は道具は大切にする方なんだよ。お前と違ってな!!」っつって
Mのグローブを叩きつけるフリをした後に、実際は叩きつけずに手渡す。
声とか顔とかの表情はコントロールしたつもりだったが、セリフも不要だったなと思う。
すぐにその場から去る。
捨て台詞は不要だったなを繰り返し反省しながら、歩いていると起床。

■起きてからの考察
会社の人間出すぎだわ。気にし過ぎだろ。
辞めたいからと、辞めるのに具体的な行動し始めたからだと思う。

相撲観戦~ビュッフェ~会社の後輩Hと会話までは楽しい夢だった。
最後がくそすぎたな。

アンガーコントロールうんぬんの話題のツイートと
小説・漫画・アニメになった「オーバーロード」の主人公が、
キャラ設定?スキルで強制的に感情が抑制されるのが、夢に影響しているかと。

ちなみに起きたあとも、捨て台詞は不要だったと後悔した。
夢での行動だとしてもあれはなかった・・・。
PR

コメント

忍者カウンター

アクセスランキング

他サイト