忍者ブログ

夢日記記録系

見た夢を記録するためのブログ  ※このブログの記事はすべてフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません

20171003_01_夜間_板渡り

■内容
実家にて自分も過ごしている世界線の話の様子。
実家では、スキューバダイビングを経営しながら、立地のいい場所でコンビニ経営もしている。
スキューバダイビングは客が集まらないが、父親がお気に入りで
二人のコーチで客に体験させているスタイル。スキューバの客がくるとコンビニのヘルプに
自分が呼ばれる感じ。

同級生内で集まりがあり、参加。なぜか実家側とつながりの薄い大学時代の友人2人と
地元の友達とも構成している。
経緯が分からんが話題は実家のスキューバ経営の話。とコンビニの話。
地元の方が知らない様子なので、コンビニの場所とか教える。

成り行き不明だが、女性が余り気味の街コン?に当日参加することに。
めちゃ人がいるので、もうまだるっこしいのはやめて
目立てて目的合致すればいけるという話。(なにこれヒドイ)

友達との地グループで、「今日ホテルいけるひとー?」と叫んで練り歩く。
(すでに遊びのひとつ?のよくない悪乗り)
そして本当に引っかかる切羽詰まったような方々。
その中でかわいいなと思った人と、じゃあいこうぜ(別行動しようぜ)となる。

彼女(最後まで名前わからず)と進むとTSUTAYAで恐怖系の映画DVDを借りようとする。
(SMAP中居がでてくる和製っぽいもの)
ただ苦手なのでやめてよう・借りようですこし押し問答。結局借りずに進む。
街コン自体が大掛かりなもので、このTSUTAYAの映画DVD借りるのも
サービスな様子。ただ、立地が変でどこかの沢の巨大なツリーハウス?の複合施設の一角で
催していた。アスレチックなルートと一般のルートが常にある。ずっと一般のルートを使用していた。

だが彼女がアスレチックなルートの常連だということで
自分も参加することに。手すりがなく、不安定な板が鎖で繋がれているのを
踏むために片足ジャンプで飛んで着地を繰り返す。

鎖が繋がれているのが不安定な板同士。壁への固定は、ルートの起点とかしかなく少ない。
なのでジャンプの踏切り、着地ですごく揺れるのが怖い。安全管理大丈夫か?子どもも参加している様子だが、通れないような幅もある気がする。

そのルートを作る集団がいて、彼女はそこに参加しているとのこと。
んで事故が起きた?様子で彼女と俺を歓迎していない。

なにやら再発防止策の会議が始まり、席につく。
議題はルートの起点からの初めの板にでかでかと記述する文言について。「ケイイチ」
彼女はこのルート作成の中堅?だった様子で新人とかに教えていたが、
それが間違っていたとのこと。彼女も教えられた当時はこれだったと。

ジャンプ先が「ケイイチ」の片仮名では、分かりにくくそれで事故(踏み間違えて落下)が起こったという話。
彼女から教えられたチルドレンたち(30から40の大人)が4人程度参加しており、詰め寄る。
「なんで正しいのを教えてくれなかったのか?」
「正しい表記はなんなんですか?」
前述のとおり彼女もそう教えられたからだが、詰めは収まらない・・・。
かと思いきや、再発防止の話し合いは行われず、
途中からチルドレンと会議に参加してない古参の10名ぐらいで
会議卓につかずに自由に新ルートの話になっている。会議卓の残り6名程度は彼女も含めお通夜。

終わりそうにないので、優しそうな古参の爺さんに「ケイイチ」の一番目は
どうするのが正しかったのか聞いてみると、漢字とアラビア数字で「継①」とのこと。
また電飾の一つを真ん中に設置。これが正式とのこと。
ふと、見回すと会議卓にのこっていた6名程度がこれをメモしている。
・・・が、チルドレンは新ルートに花が咲いたまま。どうやら既に正式なやり方を知っていた様子。知っていたにも拘らず、詰めるために「正しい表記は何ですか?」と散々発言していたことが判明。

だが、この会議卓につくまでも、このアスレチックな板渡りがあったが
どこにも漢字とアラビア数字の書き文字はなく、電飾もなかったぞ。と。
新ルートで盛り上がっているが、「事故の再発防止をしよう」今ある危険な板は見直して
安全にしようという話がない。事故が起きて結構たつ、かつ、正式な板の設置方法を
皆知っているのになぜやっていないのか?を自分が喧嘩腰でその優しそうな古参の爺さんに詰め寄ってしまう。

事故の再発防止なんてどうでもいいんだな。さっきの会議は茶番だなということで
彼女を連れて離席。なんやかんや事故の件を言葉で慰めつつ(ここからも2・3エピソードあったはずだが、忘れた)起床。


■起きてからの考察
長い。なんだこれ。
そして途中リビドー丸出しやがな・・・。
後半は現実の仕事がうまくいっていないことの表れかと。会社いきたくない。
優しく教えてくれた爺さんに詰め寄るの最高にくそ。
そしてこういう自罰的な思いや記述をしているのも、(誰かに)責められたくないから
という子供のような思考。鬱ではないがダウナー傾向あると思われる(この記述も気遣ってほしいアピールなのかも。うざい)
なんにせよ総合的にリアルがうまくいっていないから。この記事も起きてからかなり時間かけてしまっている。脚色も多い・・・くせに、エピソード忘れ&あったはずのオチの話忘れ。
・・・ダウナー傾向だなー。
PR

コメント

忍者カウンター

アクセスランキング

他サイト